1. ホーム>
  2. 鉾田の日本一>
  3. ようこそ!日本一の菜果王国へ

鉾田の日本一

ようこそ!日本一の菜果王国へ

画像:ようこそ!日本一の菜果王国へイメージ

鉾田市は全国でも有数の農業王国です。温和な気候のもとで施設園栽培が盛んに行われており、様々な種類の農作物が栽培されています。
中でも、メロン・みず菜・さつまいも(かんしょ)・ごぼうは全国一位の産出額を誇ります。さらに、いちご・トマト・にんじん・大根・やまいも・パセリ・ほうれん草の産出額は県内第一位と、首都圏の食物供給を担っています。

メロン 産出額・品質日本一

画像:メロン画像:日本一鉾田の温和な気候と太平洋からの潮風、そして水はけがよく肥沃な大地は、メロンづくりに最適。
そんな恵まれた環境と生産者の愛情で育まれた鉾田のメロンは、とても甘くてて芳醇な味わいです。形や糖度など、徹底した品質管理のもと出荷される鉾田のメロンは、産出額・品質ともに日本一。厳選された日本一のメロンをお楽しみください。

さつまいも(甘藷) 産出額日本一

画像:かんしょ画像:日本一「さつまいも」という名前のとおり、鹿児島(薩摩)から全国に広まったもの。鹿児島と茨城の共通点は、さつまいもが一番美味しく育つといわれる「火山灰 土」の畑です。そんな恵まれた畑で、太陽の陽差しをたっぷり浴びて育ったのが鉾田のさつまいも。品種としては、ほくほく甘い「紅あずま」や、ねっとり甘い 「紅まさり」などがあります。

出荷時期

9月~1月

みず菜

画像:水菜画像:日本一シャキシャキのみず菜を新鮮なままお届けするため、低温流通システム・コールドチェーンを採用。朝早く収穫し、農家の冷蔵庫で保管、袋詰めをしてJAで真空予冷をかけたら、保冷車で市場からスーパーへ。出荷から販売までの徹底した品質管理が美味しさの秘密です。生産量・鮮度ともに日本一の鉾田のみず菜は、冬の鍋はもちろん、サラダやおひたしでも絶品です。

出荷時期

通年

ごぼう

画像:ごぼう画像:日本一鉾田市は土層が深く、その土質はごぼうの生産に最適。そんな相性のいい大地で育まれたごぼうは、香りが良く美味しいと評判で、産出額は全国1位を誇っています。

出荷時期

8月~4月

 

 

いちご 産出額県内一位

画像:いちご画像:県内一水はけの良い畑で栽培される鉾田のいちごは、味が濃くミネラル分を多く含んでいるのが特徴。さらに、ミツバチによる自然交配や有機肥料による土作りによって、酸味が少なく甘みたっぷりに仕上がっています。
恵まれた環境と生産者の愛情によって美味しく育てられた鉾田のいちごは、生産量・品質ともに茨城県NO.1です。

出荷時期

12月~4月

 

トマト

画像:トマト画像:県内一恵まれた気候の中、生産者こだわりの栽培方法で育てられた甘くて美味しい鉾田市産トマト。大玉・中玉・ミニトマトなど、様々な種類のトマトが生産されており、産出額は茨城県NO1です。

出荷時期

3月上旬~5月下旬
8月下旬~10月下旬

ちゅう太郎(中玉トマト)

完熟状態で収穫される中玉トマト「ちゅう太郎」は、完熟前に収穫されるものよりも、ビタミンC・Eは約1.2倍、食物繊維は約1.5倍、リコピンは約20倍と栄養価が高く、酸味と甘みのバランスが良く味が濃いのが特徴です。

あまエル(ミニトマト)

「あまくてエルサイズ」が名前の由来のミニトマト。JAほこたのオリジナル品種で、色、ツヤ、味を重視し、糖度8以上のもののみが「あまエル」として出荷されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは鉾田市観光協会です。

問い合わせフォームはこちら

アンケート

鉾田市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る